DIA Annual

June 19 - June 23, 2022

アメリカ合衆国 イリノイ州 シカゴ |

DIA は、産業界、規制当局、学術界、そして患者さんが一堂に会し、ライフサイエンス分野の専門家が直面するグローバルおよびローカルな課題について話し合い、問題解決に取り組みます。

 

パレクセルのブース#2100にぜひお越しください。

 

パレクセルのプレゼンテーション

 

2つの会場で行われる革新的なプレゼンテーション:

● 臨床研究におけるAIの開発を導くための倫理的枠組み

   6月20日 5:15 pm - Mark Graves、展示会場 シアター2

● FSPの未来への展望 - 柔軟な未来のためのインフラと人材の構築

   6月22日 1:05 pm - Chris Baker、展示会場シアター1

 

2回にわたる講演

● 患者さんがデジタル・ソリューションに求めるもの ー アクセス、データの自己決定、ポータビリティへの配慮

   6月20日 12:15 pm - Keith Wenzel

● DHT医薬品開発ツールから得られるデジタルエンドポイントの意味のある変化を確立するための考察

   6月22日 3:15 pm - Keith Wenzel

 

プレゼンテーション:

● 日本の規制環境、医薬品開発に影響を与える組織、プロセス、システム、変化の概要

 6月16日 08:00-11:00 am - Yoshitaka Ando

● 臨床研究におけるセンサーの役割、臨床研究および患者さんへのケアを強化するためのデータプラットフォームへのセンサー生成データの統合

   6月20日 1:15 pm - Alison Ritchie

● 臨床研究におけるトランスジェンダーとノンバイナリーの患者さんの包括性。

   臨床研究における包括性:我々はどこまでたどり着き、どこへ向かうのか?

 6月20日 2:30 pm - Liam Paschall

● 臨床試験に適した国や施設を選択するための戦略的計画

   6月21日 4:15 pm - Jason Gagner

● 実世界データを活用したライフサイエンス研究の革新

   6月21日 4:15 pm - Keith Wenzel

● メディカルライティングの価値、規制当局の視点、成功するリーダーとしてのプロのメディカルライターの育成

   6月22日 11:00 am - ラウンドテーブル - 12:30 pm - Julia Cooper

● がんの臨床試験において最も説得力のある臨床エンドポイントの選択。異なる視点のバランスを取るには?

   6月22日 4:15 pm - Amy McKee, M.D.

● データの相互運用性に関して、私たちは今、どこにいるのか?

   6月22日 4:15pm - Michelle Hoiseth

● 実世界のデータと臨床試験データの集計に使用される方法論

   6月23日 10:00 am - Sivakumar Gowrisankar

 

ポスターセッション:

● ポスターセッション 1 - 臨床研究におけるトランスジェンダーおよび非バイナリ患者さんの包括性のための解決策を探る文献レビュー

   6 月 20 日 9:00 am - Liam Paschall

 

イベントのウェブサイトはこちらです。

 

We are always available for a conversation.

*  

We are always available for a conversation.

Submitting...

Communication Preference

Communication Preference