パレクセル、2023年ヘルスケア・ビジネスウーマン協会のACE アワードに選出

8 min

※本資料は、パレクセル・インターナショナルが2023年11月8日に発表しましたプレスリリースの和文抄訳であり、内容につきましては英語原文が優先されます。

 

パレクセル社、2023年ヘルスケア・ビジネスウーマン協会のACE アワードに選出

この賞は、リーダーシップにおける女性の地位向上と男女平等な企業文化の維持に対する弊社の継続的なコミットメントを反映したものです。

 

【2023年11月8日 (米国時間)、ノースカロライナ州ダーラムおよびフランクフルト発】第Ⅰ相から第Ⅳ相までの臨床開発サービスを提供する世界有数の医薬品開発業務受託機関(CRO)であるパレクセルは、2023年ヘルスケアビジネスウーマン協会(HBA)のAdvancement Commitment Engagement (ACE) アワードは、ヘルスケア・エコシステムにおける男女格差の是正を目的とした、インパクトのある成果をもたらすイニシアチブの創設と実施に対して企業を表彰するものです。パレクセルは弊社のビジネス・イニシアチブとして掲げる女性の地位向上の成果により、選ばれた2社のうちの1社です。弊社はイリノイ州シカゴで開催されたHBA年次総会で、このアワードを受賞しました。

最高執行成長責任者(COO)のペイトン・ハウエルは、次のように述べています。「今回の受賞は、パレクセルが男女共同参画の企業文化に投資し、組織のあらゆる階層で女性のキャリアアップに積極的に取り組んでいることを示すものです。男女の多様性とインクルージョンを推進することは、同僚が活躍できる環境を提供するだけでなく、顧客と患者さんのニーズによりよく応えるために、より革新的であることを後押しします。」


パレクセルのプライオリティである「リーダーシップにおける女性の地位向上」は、男女の代表性を高め、グローバル従業員全体でディレクターからバイスプレジデントまでの上級職における女性の存在感を高めることに重点を置いています。このプログラムは、2013年の開始以来、パレクセルの収益に顕著な影響を与え、売上の向上、財務業績の改善、従業員の定着率の向上、男女平等の実現に貢献してきました。このプログラムにより、パレクセルのグローバルリーダーを務める女性の数は増加し、2014年の33.5%から47.4%に増加。また米国では副社長以上の役職に就く女性の18.9%が有色人種の女性であり、2014年の8.6%から増加しています。

パレクセルのHBA ACE アワード受賞は、多様で包括的な職場づくりに取り組む弊社の姿勢が評価されたもので、今年受賞したいくつかのアワードに続くものです。

グローバル・ダイバーシティ、エクイティ&インクルージョン担当のシニア・バイス・プレジデントのアイーダ・サボは、性別の多様性とインクルージョンを尊重する職場文化の育成への献身と、パレクセルのみならず世界各地での女性リーダー育成への卓越したコミットメントが評価され、Linkage社から2023年ウーマン・イン・リーダーシップ・エグゼクティブ・インパクト賞を受賞。 
最高医学責任者兼オンコロジー・センター・オブ・エクセレンス・グローバル・ヘッドであるエイミー・マッキー医学博士は、ヘルスケア業界への貢献と、他の女性のキャリアアップを積極的に指導し支援するロールモデルとしての役割が認められ、2023年HBAルミナリーに選出されました。
パレクセルは、ジェンダー・イニシアチブ、「多様性に関する議論」報告書、多様性委員会の立ち上げ、従業員のDE&Iトレーニングなど、多様性とインクルージョンにおける顕著な業績が評価され、2023年トライアングル・ビジネス・ジャーナル誌の「多様性におけるリーダー」に選出されました。 
また臨床研究業界における黒人女性のネットワークであるBlack Women in Clinical Research (BWICR)からは「スポンサー・オブ・ザ・イヤー」を受賞。パレクセルは BWICR の最初の CRO スポンサーであり、多様な人材を採用するパレクセルの取り組みを支援するなど、いくつかの取り組みでBWICRと協力してきました。
HBAはヘルスケアビジネスにおける女性の地位向上と、影響力を促進することを目的とした世界的な非営利団体です。ACE アワードの受賞者は、ヘルスケア業界のリーダーで構成される独立審査委員会により、女性の人材登用における有効性が実証された企業として選出されます。受賞基準には、測定可能な結果、業績、スチュワードシップ、実行力、持続可能性などが含まれます。  

 

パレクセルについて
パレクセルは、世界最大級の医薬品開発業務受託機関(CRO)として、命を救う治療をより早く患者さんに届けられるよう、第I相から第Ⅳ相までの臨床開発サービスを提供しています。21,000人を超えるグローバルなチームは、臨床、規制、治療に関する幅広い専門知識を活用し、バイオ医薬品のリーダーや新興イノベーター、治験実施施設と連携しながら患者さんを念頭に置いた臨床試験のデザインと実施を
行っており、臨床研究が誰でも、どこでも受けられるケアの選択肢となるよう、アクセスや参加の拡大に取り組んでいます。


弊社が過去40年の間に培った深い業界知識と確かな実績は、業界を前進させ、ヘルスケアの最も複雑な分野における臨床研究を推進しています。中でも、パレクセルのイノベーション・エコシステムは臨床試験プロセスのあらゆるフェーズを効率化する最適なソリューションを提供しています。人、インサイト、そして卓越したオペレーションに焦点を当て、私たちは日々、患者さんに尊厳を持って接し、患者さんの体験から継続的に学ぶことで、すべての臨床試験を変化につなげられるよう、まごころを込めて(With Heart™で)取り組んでいます。詳細については、ウェブサイトや LinkedInX(旧Twitter)Instagramをご覧ください。

 

Close

アラート

日本語のウェブサイトから英語のウェブサイトへ移動します。続きをご覧になりますか?